債務整理は2回目でもできる?

「債務整理をしたけれど、返済が困難になってしまった。」

「過去に債務整理をしたが、また借金をしてしまい、もう一度債務整理したい。」

このような場合、再度債務整理をすることはできるのでしょうか?

結論から言うと、債務整理には回数制限がないので何度でも行うことができます。

しかし、1回目の債務整理とは異なる注意点があります。

この記事では、債務整理が2回目となる場合の注意点について解説いたします。

2回目の債務整理の注意点

1回目と2回目の債権者とは別の債権者に対して交渉する場合は、2回目のリスクを心配する必要はありません。

しかし、1回目の債務整理と同じ債権者に対して交渉を行う場合には、債権者との和解は厳しくなります。

また、1回目の債務整理の種類によって、2回目の債務整理ができる条件が変わります。

1回目の債務整理が任意整理の場合

任意整理の場合は、回数や期間についての決まりはありません。

そのため、過去に任意整理をしていても、何度でも任意整理を行うことができます。

ただし1年前に任意整理をしたばかりなどの場合は、債権者の目が厳しくなります。

債権者は「返済計画が守れないのに2回目の債務整理に応じることは無駄」と考えます。

期間制限はありませんが、1回目の債務整理から1~2年しか経過していない場合、債権者との交渉は難航する可能性が高くなります。

1回目の債務整理から4~5年が経過していれば、交渉しやすい傾向にあります。

1回目の債務整理が個人再生だった場合

1回目の債務整理が個人再生だった場合、1回目から7年以上の期間を空ける必要があります。

任意整理よりも借金の減額がある債務整理ですから、任意整理よりも債権者の目は厳しくなります。

1回目の債務整理が自己破産だった場合

自己破産を行った場合も、1回目の自己破産から7年以上期間を空けることが条件となります。

7年が経過していれば、再び債務整理の申し立てができますが、2回目の自己破産となると債権者の目が格段に厳しくなってしまいます。

2回目の自己破産には時間がかかる可能性があります。

裁判所が免責許可を出さない可能性も高くなります。

2回目の債務整理を行うためには?

どの債務整理でも、2回目となると交渉が難航してしまいます。

では、2回目の債務整理をスムーズに行う為にはどうすればいいのでしょうか?

前回債務整理を行った時期と生活状況が異なることを証明できれば、債権者を説得しやすくなります。

例えば、リストラや離婚、結婚、病気、入院などです。

次に、完済する意思があることを具体的に態度で示すことで、2回目の債務整理の交渉がしやすくなる傾向があります。

収入を増やすなどの具体的な生活状況が提示できれば、債権者が納得しやすくなります。

きちんと借金に向き合っていることを示すことが重要です。

まとめ

2回目の債務整理を成功させるには、弁護士や司法書士への相談が最善です。

2回目以降の債務整理をご自身で行うことは非常に難しいため、再度債務整理を検討している方は、早めに弁護士や司法書士に相談しましょう。